Ayako Nakata

in seasonイン・シーズン料理教室を開いています。

記事一覧(16)

ピクルスを 作ってみよう♪

こんにちは 中田です。 最高気温が25℃を超える日が増えてくるとやっぱり汗をかきますね。 こんなとき、酸味のあるものは疲れをとってくれるので必需品。酢の物や今日紹介するピクルスも活躍します。簡単ですぐに作れるので、ぜひ冷蔵庫に常備しましょう♪  刻んでマヨネーズに混ぜてみるとタルタルソースっぽくなるし、フレンチドレッシングにフレッシュなハーブや玉ねぎと一緒に混ぜると、肉料理にも。 普段のシンプルな野菜サラダにのせるとフランス気分も味わえます☆ちょっとパプリカを飾りに使って、まだ残っている、そんな時こそピクルスにしてしまいましょう。 ■材料(パプリカ1個分)パプリカ(赤)1個ローリエ 1枚エストラゴン など(他にディル、クローブなど) ひとつまみ黒こしょう(粒)5粒程度 ※ハーブはお好みで。 他にマスタードの種子など。 私はエストラゴン(フレンチタラゴン)が好きなので一番愛用しています。■調味料白ワインビネガー 1/2カップ水 1カップ砂糖 大さじ4塩 小さじ1/2■作り方パプリカはヘタと種を取り除き、1.5~2cm幅の棒状にし、さらに半分の長さに切る。調味料をすべて鍋に入れ、火にかける。一度煮立てたら冷ます。 目安は混ぜたら砂糖が溶けて、一瞬沸く程度。この時、火からはずしたら、ローリエなどハーブとスパイスを加えてから、冷ます。別の鍋に湯を沸かし、ひとつまみの塩を入れたらパプリカをゆでます。 時間にして30秒程度。保存容器に3のゆでたパプリカと2の調味料を入れる。 冷めたらふたをし、冷蔵庫で保存する。3時間程度経ったら食べられます。 冷蔵庫で一週間程度保存可能。私の失敗談...大きく切りすぎると、固くてあまりおいしくないと思います。玉ねぎ、きゅうり(小さいものだとフランスのコルニッションのようになります)なんでもおいしいですが、ちゃんと漬ける液体は沸かすこと。 一瞬煮立てるレベルだと酸味はそんなにとびません。 沸かしていないのは酸っぱいよ~(泣)

ちりめん山椒

こんばんは in seasonイン・シーズン料理教室 中田です。昨日に引き続き実山椒を使った一品。 冷蔵庫の残ったちりめんじゃこを使って作ってみませんか?このレシピに出会って下さった方、どこのお店のちりめん山椒が好きですか?私は京都・河原町の『永楽屋』さんのちりめん山椒が大好き! あんな風に作りたいな~と試行錯誤したのが、このレシピです。 市販の実山椒の佃煮を使う時は塩分を少し減らしてみてくださいね。ちりめんじゃこのサイズに応じて、漬け時間や酒の量も少し足してみてください。難易度☆☆■材料(1回分)ちりめんじゃこ(小さめのもの) 1カップ実山椒 大さじ1強■調味料酒 1カップみりん 小さじ2濃口しょうゆ 小さじ4たまりしょうゆ 小さじ2■準備ちりめんじゃこは分量の酒に一晩漬けておきます。 目安は指でじゃこがぐにゃっと柔らかくなる程度。■作り方ちりめんじゃこ、酒を鍋に入れ火にかけます。 火加減は中火弱で。沸騰したら、最初のアクを手早く取り除きます。 火を弱め、みりん、分量の半分の濃口しょうゆと分量半分ののたまりしょうゆ、続いて実山椒も入れて煮ます。煮汁が1/3になったら、残りの濃口しょうゆとたまりしょうゆを加えて、鍋底に大さじ1程度の煮汁が残るぐらいまで煮詰めます。キッチンペーパーを敷いたお皿などの上に広げ、煮汁を切り冷まします。日持ちは冷蔵庫で1週間程度。 もう少ししょうゆを増やして、からっとなるまで煮ると、少々固くなりますが、もう1週間もちます。私の失敗談固すぎた、辛すぎた、今までたくさん失敗したことだけは確かです(笑)酒はケチらず、使われることをおすすめします。

実山椒の下処理と割り醤油漬け

こんにちはin seasonイン・シーズン料理教室 中田です。まだ早いと思っていた和歌山産の実山椒を店頭に発見しました! 実山椒なんて、たくさん出回る、というものではないので、知らない間に終わったら大変、急がなきゃ!とレシピをアップする次第です。 この時期はほんと忙しいです(^o^)。山椒は大人の楽しみ、といってもいいでしょうか。 ピリッと香り高く辛く、大好きな香辛料です。 面倒に思えますが、一度生から利用するようになると、毎年きっと楽しみになると思います。 楽しんで作ってくださいね。 一度実山椒を冷凍すれば一年中、活躍します。 ちりめん山椒は次のブログで紹介します♪まずは買ったばかりの実山椒の下処理から。実山椒の下処理実山椒 100gを例に紹介します。■準備購入したら、まず小さな枝からひねり取るように、実をはずします。 ちょっと根気がいるのでテレビでも見ながら、楽しくやって下さいね。 家族にも応援してもらいましょう! ※アクで手が汚れますが、洗えば取れるレベルです。ザルに開け、さっと洗います。 たっぷりの水に漬けておきます(一晩)。 アクを軽減します。■加熱湯1ℓに対し、1.5%程度の濃度になるように塩を入れて約5分ゆでます。 軟らかさの目安は指でぎゅーっと力を入れるとつぶれる程度です。再度水にさらします。 5時間程度。■保存水気を切って、キッチンペーパー2枚で挟んで、ころころ転がすようにお皿の上などで乾かしたら、ビニール袋、ジプロックなどに入れて冷凍保存します。 1年は十分持ちます。実山椒の割り醤油漬けこの下処理が終わった実山椒を割り醤油に漬けてみましょう。冷凍のものでもOK。 私は年に数回少しずつ作ってはいろんな料理に楽しんでいます。鶏をうす塩で焼いて、この醤油をつけて食べたり、漬かった実山椒だけを漬物と和えたり、刻んで和え物のアクセントにしてみたり、また、蜂蜜を加えて甘味を足したら、肉料理のたれにもなるし、重宝です。■準備保存瓶はきれいな乾いたものを用意しましょう。 長期保存なら煮沸しましょう。■材料(1回分) 実山椒の下処理が済んだもの、1/4カップ分■調味料濃口しょうゆ カップ1/2(100ml)みりん カップ1/4(50ml)醤油を塩分が強くならないように酒、だしなどで割ったものを「割り醤油」といいます。■作り方分量の実山椒と調味料を乾いた鍋に合わせます。 鍋を火にかけ、鍋がふつふつと一瞬沸いたら、火を弱くし1分程度加熱します。(みりんのアルコールが飛べばOK)。保存瓶に写し、素早く冷まします。実山椒は時間が経つと下に沈みます。一週間程度したら、なじみます。 煮沸した保存容器なら1年近く持ちます。私の失敗談ゆで過ぎて香りがない、買い過ぎて、1年後捨てるはめに...佃煮にしたら煮過ぎておいしくないとか...数限りなし。 なかなか奥が深いです。この割り醤油ごと使うのは、私には佃煮より応用しやすいです。